9月2日水曜日
今年も速いものでもう9月となりました。コロナ禍の中での営業となり、いつもとは違ったシーズンを迎えていますが、季節はいつもと同じように移ろってきます。というわけで、今年も位ヶ原の紅葉情報を本日より始めます。7月の長雨、8月の猛暑(山の上でもいつもに比べれば暑かったです)と少雨がどのように影響するのでしょうか。いつものことながら、ハラハラドキドキの1ヶ月余りです。今のところはいつもと特に大きな違いは見られません。次回は4日金曜日にお伝え予定です。よろしくお願いいたします。
DSC_2741

8月17日月曜日
7月の豪雨に一部崩落し、通行止めとなっていました三本滝レストハウスから鳥居尾根に上がる登山道の復旧作業を、本日登山道管理者と共に行ってきました。崩落箇所に迂回路をつけましたので、通行可能となりました。長い間ご不便おかけしました。十分注意してお通りください。
DSC_2723
DSC_2724

8月3日月曜日
待ちに待った夏空がようやく来ました。本当に長かった今年の梅雨。7月の日照時間は数時間だったのではないでしょうか。
ちょうど週末に当たったため、2日とも久しぶりの賑わいとなりました(といっても例年の8月の休日に比べると少ないです)。
登山も自転車もやはり少人数で来ている方が多く、みなさんいつもと違う夏を過ごしている感じが伝わってきます。
そんな中、少し気になった事が一点。 コロナ対策をしつつ、できるだけ普段通りの生活を送る。難しい命題です。普段の生活でストレスを感じているから発散させに遊びに出る。ウイズ コロナの時代ですから、そこにも当然コロナ対策を携行することになります。 多くの方がそのように実際行動されているふうに見受けられます。しかしながら、やっぱり遊びに来ているから普段を忘れたい、気分が高揚してはしゃぎたい。そんな気持ちも分からないではないですが、そこは周囲の人への気配りが必要になってくるのではないでしょうか。山荘前のテーブルはみなさんが気持ちよく休憩できるようにと設置しているものです。そこで周囲に人がいるにもかかわらず大声での会話や声援、それはやはり今は控えてもらいたいですね。しかも運動中のため呼吸が乱れている方も中にはいます。そんなときに大声出せば唾が飛ぶこともありますし、咳き込むこともあるでしょう。運動中だからほぼみなさんがマスクはしてません。屋外だから風の影響も受けます。想像してみてください。風上の人の行動が風下の人に影響する。屋外だとは言え、至近距離でのその行動はイエローカードとなります。この2日で何回か注意する場面がありました。他の方からは当然でしょうという冷たい視線が投げ掛けられてましたが、わかってない方はどうしょうもないですね。 あまりにも状況が悪くなれば、テーブルの数を減らすだとか、最悪は全数撤去、椅子も置かないという対策をとらざろう得なくなります。みなさんのご理解ご協力をお願いいたします。
DSC_2696

↑このページのトップヘ