9月27日日曜日
今朝は最低気温が8.3℃と冷え込みは強くありませんでしたが、最高気温は12.6℃と上がらず、日差しが隠れる時間も長く、風もあったため体感気温は非常に寒くなりました。
大雪渓・肩の小屋口バス停から位ヶ原山荘までの間の紅葉は、全体的にダケカンバの黄色が色づきだしてきたので、遅れていましたがいよいよ紅葉モードに入ってきました。今年は黄色が中心となりそうな現状です。明日以降順調に進めば、週後半から週末辺りが良くなってくるのではないでしょうか。予定をお考えください。今年はコロナの影響でエコーラインのシャトルバスは減便して運行しています。いつもの一時間毎ではなく二時間毎ですから、十分にお気をつけください(詳しくはアルピコ交通へご確認ください)。また十分な防寒対策を忘れずにお越しください。
次回は明日の予定です。
DSC_2890
DSC_2917

9月25日金曜日
今日は朝から一日雨模様で、時折強く降りました。紅葉が進んでいる状況であれば、一日でもグッと色づく時があるのですが、今日の一日はまたまた足踏みです。昨日強いてあげるなら、と言ってお伝えした冷泉小屋バス停と摩利支天バス停の間の一部が、写真のように紅葉始まったと言える状況となった他は、ほとんど進展はありませんでした。どうしてもこの週末しか来れないと言う方は、冷泉小屋バス停と摩利支天バス停の間の荒田沢橋下辺りを歩いて誰よりも一足早い秋を感じて下さい。
大雪渓・肩の小屋口バス停から位ヶ原山荘の間は、ダケカンバが少し黄色が出てきたかなとは感じますが、ナナカマドの赤はまだ・・・。もう少し我慢が必要です。次回は明後日27日日曜日の予定です。
DSC_2858

9月24日木曜日
台風が当初の予想より東にずれたため、曇ってはいるものの静かな天候となりました。一昨日の最低気温3.9℃でしたが、今朝は10.8℃と温かく感じてしまいました。
この二日間もほとんど足踏み状態です。気温の関係でしょうか。それとも7月の長雨と8月の猛暑の影響が出ているのでしょうか。 例年でしたら少しぐらいは紅葉している部分があるのですが、今年はまだどこも始まっていない状況です。強いてあげるなら、山荘より下の冷泉小屋バス停と摩利支天バス停の間が部分的に色づき始めています。このエリアはここ最近早めに紅葉が始まるところです。しかしながら、大雪渓・肩の小屋口バス停から位ヶ原山荘の間はまだです。アクセス数も伸びてきて皆さんの関心も高まってきているのは、こちらも十分に感じております。ですが、もうしばらくお待ちください。次回は、週末前に明日もう一度お伝えいたします。
写真は草紅葉。
DSC_2829

↑このページのトップヘ