3月11日月曜日
昨晩からの雪は、久しぶりの大雪となりそうです。朝8時の時点で40㎝程つもり、まだまだ降りそうな勢いです。ただ、気温が8時で0℃。これ以上、上がらないことを願います。そして、40㎝以上となると、雪崩が気になります。一昨日、剣ヶ峰と蚕玉岳の間の沢で雪崩がありました。ここは、先日からお伝えしている、剣ヶ峰の東面斜面です。雨でカリカリになった上に木曜日に降った雪が積もっていたのでしょう。やはり上手く結合できず、落ちたものと思われます(カリカリの状態は解消されていないということです)。ということは、今回の雪の後も厳重に注意が必要です。一昨日の雪崩は、ある程度予想はできたものです。雪山に入る以上は、自分の身は自分で守らなければいけません。ここの斜面は雪崩れないか?滑落の危険があるひどいクラスト状態ではないか?こういったことを自身で判断する必要があります。「他人が、あるいはネットで調べた情報では、ここを歩いているから大丈夫」という判断は完全ではありません。雪の状態は、天候、気温、降雪からの時間、風等色々な要素によって常に変化していきます。それを現場で状況判断できる力が必要です。先日も、「今月末に行くのですが、アイゼンだけで大丈夫ですか?スノーシューいらないですか。ヤマレコ見るとアイゼンで行ってるのですが」と聞かれました。こういった質問(愚問)をするということは、まだまだ経験不足と言わざろうえないです。ネットの情報を見ることは良いことです。しかし、それが絶対ではないので、あくまで参考にするという態度が必要です。天候、雪の状況、パーティの技量等、全く同じ状況ということはあり得ないのですから。
引き続き安全第一での行動をお願いいたします。
追記
本日午後下山してきましたが、やはり山荘そばの雪崩斜面は雪崩れてました。そして、日中も降り続いたので50㎝前後、深いところは60㎝程となってました。私はスキーをはいていたにもかかわらず、スキー場までほぼ下りラッセルでした。
DSC_1145"270" border="0" alt="DSC_1141" hspace="5" class="pict" align="right" />