2018年09月

9月21日金曜日
昨日お伝えしました荒田沢橋から摩利支天バス停の間を、再度観察に行きました。昨日は夕方で薄暗くなりかけていたので、詳細に見れなかったためです。明るい時間にと思いましたが、残念ながら今日も霧と雨でした。しかし霧の中に浮かび上がる、赤、黄色、橙色、そして緑が、しっとりしていて素敵でした。写真一枚目から三枚目。今週末のお薦めはここです。大雪渓・肩の小屋口バス停から下、山荘までの間は、まだもう少しです(写真四枚目)。明日から連休。連休中の明日、明後日はお伝えできるかどうかは分かりません。確実にお伝えできるのは24日月曜日です。DSC_0711DSC_0723DSC_0727DSC_0746

9月20日木曜日
今日は昼前まで曇り空でしたが、午後はまた雨となりました。9月は本当に雨が多いです。
山荘から上のことばかり気にしていましたが、今日山荘から下を観察に行くと、こちらは意外と進んでいました(写真一枚目)。冷泉小屋の少し下の荒田沢橋から摩利支天バス停の間(車道沿いです。登山道ではないです)がこの2日の冷え込みで急に色付きました。例年早めに色付く場所ですが、今日現在一番進んで色付いてました。この辺りは間もなく見頃となりそうです。
山荘から上は、なかなかそうはいきません。昨日と大きな変化はありませんでした。部分的には写真二枚目のような場所もありますが、全体的にはまだもう少しです。標高が低い場所から先に見頃を迎えそうです。明日もお伝えします。DSC_0701DSC_0695

9月19日水曜日
今朝は予報通りに冷え、山荘で最低気温が5.3℃まで下がりました。日中は気持ちの良い秋晴れとなり、最高気温は17.6℃でした。一昨日に「紅葉始まりだした」とお伝えしましたが、次の焦点はいつ頃から見頃となるのか、ということです。しかし、現時点では非常に難しいと感じています。様子を見に来られた地元の方々でも意見が分かれています。よって、できることは毎日お伝えするしか仕方ありません。また明日お伝えします。DSC_0678

9月18日火曜日
今日は久しぶりの快晴。9月に入ってから初めてではないでしょうか。明るい太陽の日差しの下、ようやくその全貌を確認することができました。大雪渓・肩の小屋口バス停付近よりも、宝徳霊神バス停から下の方が進み方は早いです。例年と同じように、早めに紅葉しだすナナカマドは少し葉っぱが傷んだ株が多いため、現在真っ赤に色付いているナナカマドの株は、写真のものなどまだごく一部です。明日はグッと冷え込む予報で、なおかつ天候も良さそうですから少し変化が見られるかもしれません。次回明日お伝えします。





DSC_0657

9月17日月曜日
この三連休は、あいにくのお天気となってしまいました。今日、金曜日以来、三日ぶりに様子を見に行きました。日中一時的に晴れる時間帯もありましたが、その時には行けなかったので、今日も霧の中での観察となりました。それでも三日ぶりでしたから、それなりに進みました。まだ鮮やかな、真っ赤な紅葉には至りませんが、全体的にみて「紅葉が始まりだした 」という状況になってきました。今年はやはり夏の猛暑と水不足、更に9月に入ってからの長雨と悪条件が重なっているため、今後どのような紅葉になるかは分かりません。いつ頃から見頃となり、いつがピークとなるのか。それは神のみぞ知る領域。私には分かりません。現状をお伝えするだけです。ご理解ください。次回は明日お伝えします。お楽しみに。
DSC_0647DSC_0642

↑このページのトップヘ