12月19日木曜日
21日土曜日からの冬季営業に向けて、本日入山しました。標高低いところは雪は少ないです。いつもはゲレンデトップからのツアーコースを上がりますが、今日ははじめから諦め鈴蘭橋からの登山道を歩きました。ツアーコースは雪が少なく藪が埋まらずほとんど歩けません。もちろんいつものスキー板は持たずに登山靴で歩きました。残念ながらスキー場はリフト1本動いているだけで、使えないです。写真一枚目は登山道の標高約1900m付近。ゲレンデだとカモシカゲレンデ半ばと同じ標高です。二枚目は車道に出た直後の標高約2000m付近。車道は約5cm程の積雪でした。その後は車道と登山道をミックスで山荘まで来ました。途中冷泉小屋からはワカンを着けました。車道の積雪は約40cm程、つぼ足では20cm程沈みました。今週末入山の方は、このルートが良いと思います。ツアーコースは時間と労力使うだけとなりそうです。リフト利用で時間を計算している方は注意が必要です。それ以外に注意点を3つ。鈴蘭橋からの登山道は始めゲレンデ内を歩きます。ゲレンデ内は標識無いので、地図を確認して鳥居尾根ゲレンデを目指してください。その鳥居尾根ゲレンデ途中から左に山腹をまく登山道がはじまります。
2つ目。登山道内には所々に木で組んだ階段や木道があります。雪で埋まっている場合もあり、分からずに踏み外すと危険です。
3つ目。雪が少ないと言っても、今日私はワカンを着けました。当然ワカン又はスノーシューは必携です。
雪が降ればまた状況は変わりますが、今日の様子をお知らせしました。
写真三枚目は冷泉小屋前にて積雪チェック、約40cm(今日同行してくれたリトルピークス小峰ガイドです)、四枚目は山荘から上部を見たもの。
DSC_1997
DSC_2000
DSC_2006
DSC_2015